【海外子供服】babyshopで個人輸入!関税、送料は?日本で通販できる?買い方レビュー!

こんにちは!グラフィックデザイナーで女の子ママのかしこ(@minicasico)です♡
babyshopについて、購入方法やおすすめポイントについてなど、まとめてみました。

ベイビーショップの日本語サイトとは?特徴とおすすめポイント

ベイビーショップの日本語サイトについて

ベイビーショップは、2006年に北欧のキッズアパレルを展開するオンラインセレクトショップとしてスウェーデンで誕生しました。
2018年に日本語サイトをオープン。

その日本語サイトなのですが、あくまで日本語版ができたというだけで、日本に運営や発送の拠点があるわけではなく、
購入する場合はスウェーデンから個人輸入する形となります。

金額も、日本価格が確定しているわけではなく、ユーロでの取り扱いとなるため、支払ったときのレートでの円換算となります。

なので、ベイビーショップの日本語サイトで購入するということは、下記のポイントをおさえておく必要があります。

●日本語で買い物ができる
●個人輸入のため、送料が少々高額
●場合によっては関税がかかる
●ユーロ表示のため円換算して金額を予想する必要がある
ベイビーショップの特徴とおすすめポイント

ベイビーショップの特徴は、なんといっても取り扱いブランド数の多さと種類の豊富さ、セレクトの感度の高さです!

北欧を中心としたクオリティの高い人気ブランドを取り揃え、世界50ヵ国、200ブランド以上にわたる幅広いカテゴリー(ベビー、キッズアパレルはもちろんのこと、ベビーカーやおもちゃ、マタニティウェア、さらには家具にいたるまで)を展開。

子ども服は0歳から10歳までのベビー&キッズを対象としているため、しばらくお世話になりそうです。

“かしこ”
私も今回、二歳半だけど3歳くらいの体格の長女の攻めた服を選びながら、次女(1ヶ月)のロンパースやボンネット、おしゃぶりなども一度にオーダーすることができました。

円換算や関税や送料のことなど、日本のネットショッピングに比べて面倒なこともありながらも、下記の理由からベイビーショップをおすすめしたいです。

●取り扱いブランド数が多い(世界50ヵ国、200ブランド以上)ため、いろんなショップから買わなくてすむため送料が節約できる

●幅広いカテゴリー(ベビー、キッズアパレルはもちろんのこと、ベビーカーやおもちゃ、マタニティウェア、さらには家具にいたるまで)を展開しているため、買えないものが少ない

●0歳から10歳までのベビー&キッズを対象としたラインナップになっているため、きょうだいのものを一度にオーダーできる

●日本未発売のハイセンスな商品を買える

●YOOXのようなアウトレットサイト(【日本語・関税込み】気の海外子供服を安く海外通販できるおすすめサイト)ではないのですが、セール価格が安い!
後述しますが、セールでなくても日本価格より現地価格はかなり安いです。(プチバトーだと半額くらい)

“かしこ”
個人輸入が初めてでも、日本語なので各ブランドサイトよりチャレンジしやすいと思いますよ!

セール購入品と金額紹介♡

購入したもの

購入したのは、長女用にmaedforminiのベスト、次女のボンネット、Elodieのおしゃぶり、プチバトーのラップボディ、minirodiniのレギンス、maed for mini のロンパース、weatのボディの、7点!

“かしこ”
これでも厳選しました、、もっと買いたかった笑
金額紹介!日本で買うのとどれくらい違う?

日本未発売のものも多いので単純な比較は難しいのですが、例えばmaed for mini で、同じスエットが55ユーロ(7059円)、国際郵送だと送料2556円)キャンペーンコードをつかえば8909円になるので、一着だったとしても、個人輸入した方が安いです。

 

babyshop

今季(2021AW)のもので、セールになってるものとなってないものがあり、リボンのはなってなかったのですが、Logoスエットはセールになっていて、35ユーロ(4492円)なので日本販売価格の半額です!


わたしが購入したものはほとんどがセール品。

7点購入して22,320円(+関税2100)=24410円でしたが、すべて日本のセレクトショップなどで購入した場合の半額にはなると思います!(関税、購入方法については後述)

“かしこ”
セールでいい買い物できるとうれしいですよね!
ベイビーショップの買い方は?送料はいくら?決済方法は2つ!

買い方は、 個人輸入だからといって特別日本でのネットショッピングと違う点はない です。

欲しいアイテムを選んでカートから【check out】を選択

住所を英語で記入します。
住所の英語表記に不安があれば、こちらのサイトで、日本語で住所を入力すれば英語表記にしてくれますよ。

次に、配送方法を選びます。
ブランドサイトだと、配送方法は選べなかったり、選べても2種類くらいのことがほとんどなのですが、
ベイビーショップの場合は4つから選べます。違いは、配送にかかる日数によって金額が変わるところですね。

私は今回は以前利用したことのあるDHLにしました。29.9ユーロ(3832円)
そんなに高くないのに早くていいですね。
配送日数は5日で届きました。

国際郵送というのがいちばん安くて(19.95ユーロ[2556円])日数がかかる(11~22日)のですが、今度試してみようかと思います。

インスタのフォロワーさんから聞いたのですが、国際郵送だと関税がかからないという噂が!今度やってみます!!。

決済方法を選択します。
決済方法は、クレジットカードとPayPalの2つです。

PayPalは馴染みがない人もいるかと思いますが、私は入力の手間が面倒なので、いつもPayPalを使っています。

Paypalについてはいつかちゃんとまとめようと思うのですが、
決済時にPaypalのパスワードの入力だけで購入できる速さ、楽さ、いろんな海外サイトにクレカ情報を登録しなくていい安心感があり、お気に入りです。

 

 

関税はかかった?

関税は、前述しましたが2100円かかりました!

関税については、こちらのサイトに詳しく掲載されています。

個人で少額購入する場合は、下記のポイントだけおさえておくのが良さそうです。

・16666円以上でかかる
・ニット製品にかかる

関税がかかる場合は、送料を含めた決済金額の日本円換算した時の金額の10%程度の額になるそうです。

今回、欲しいアイテムをカートにポイポイいれていったら220ユーロくらいになっちゃったのですが、なんとなく2万円ちょっとでおさめたかったので、かなり厳選したのですが161ユーロ。

キャンペーンコードで安くなって151.4ユーロ。
確実に関税かかるなーと思ったのですが、
2便に分けるほどの量でもなかったので、今回は関税を覚悟して購入しました。

送料を二回払った方が関税を払うよりも安そうな場合は、2便に分けて購入するという方法もあります。

関税の支払いは、以前別のサイトで支払った時(フェデックス)は郵便できたのですが、今回のDHLはSMSとメールで届きました。

SMS は詐欺とかよく聞くと思うのですが、関税の請求が来るのを予測していて、支払い先がbabyshopであることをわかっていれば、両方記載されているので心配ないです。

キャンペーンコードでお得に買おう

今回使用したキャンペーンコードは、サイトに訪れた時に画面の下の方に出てくるポップアップをクリックすると使えます。

友達にシェアすると、
コードが記載されるのでこちらをコピーして使います。

このコードは期限があるので、コピーしたらすぐ使っちゃいましょう。

babyshopで購入した感想とまとめ

いかがでしたでしょうか?
難しく感じる個人輸入ですが、普通にネットショッピングして、関税にだけ気を付けるだけです。販売してるカテゴリーがすごく多いし、どれも日本の販売価格よりかなり安いし未発売アイテムばかりで、すごい楽しいです!!

“かしこ”
あなたのお買い物の参考になったらうれしいです。


その他、海外子ども服の個人輸入についての記事はこちら
キッズファッションについての記事はこちら

おすすめ記事 

FOLLOW ME♡

とにかく娘に可愛いかっこをさせるのがいきがいの30代ママ。

作ったものとか買ったものなどインスタでpostしています。
(フォロー&コメントうれしいです!)

よかったら遊びに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です