かわいいキルティングでおむつ換えマットを手作りしてみたら便利すぎた!

こんにちは!かしこです♡
もともと作るつもりはなかったおむつ換えシート。そもそも最初は存在すら知りませんでした。ベビードレス、おくるみ、スタイと手作りしていくうちに作りたくなってしまいました。

作ってみて正解だったな〜と思ったのでシェアしたいと思います。

おむつ換えシートって何?

おむつ換えの時に、下に敷くシートのことです。

主に外出先で使うことを想定されますね。
お友達のおうちで替える時、床を汚さないようにガードできます。

外出先のトイレも、最近はおむつ換え台が設置されてるところが多いですが、そこに赤ちゃんのおしりが直接触れるのもなんか気になる、っていうときにも使えます。

おむつ換えシートって必要?

ネット見てても、便利だった!っていう意見もあれば、使わなかったっていう意見もあって、人によって様々でした。

材料が安く揃えられそうなのと、ミシンさえあれは簡単にできそうだったので、手作りならいいかも!と思いました。
結果として毎日使ってるので、作って大正解でした!
まだお出かけはそれほどしていないのですが、意外にも家のなかでめちゃくちゃ使います!

おむつからうんちが漏れてしまって肌着が汚れているとき、シートの上に乗せてしまえば余計な物が汚れないようにガードできるので、お家のなかで大活躍。

さらに、毎日の沐浴の際に、湯上がりの赤ちゃんに着替えをさせるスペースとして、タオルの下のベースとして、防水と多少のクッションがこれまた便利。
自分好みのかわいい素材で作ったので、お世話のモチベーションも上がりました♡
完全にママのためのベビーグッズですね。

おしゃれなおむつ換えシートを手に入れるには?

マイナーなアイテムかと思いきや、結構色んなブランドから出ていました。
簡単にできるので個人的には手作りしちゃうのをおすすめしたいですが、購入する場合には、コスパがよくて可愛いものを選びたいですね!

100均の材料でおむつ換えシートを手作りしてみた

用意するものはこれだけ。

・キルト地の布
・防水の布
・バイアステープ
・キルト地の布…100均でも購入できますが小さいので、2つ縫い合わせればOK
・防水の布…私はダイソーのレジャーシートを使いました。ふわふわしていてクッション性があるので赤ちゃんにやさしいです。
・バイアステープ…これも100均のは短いですが、複数購入すれば大丈夫です。
作り方は簡単!
2枚の布を重ねてバイアステープで閉じれば完成!
サイズは横5060~縦7090。
生地の大きさで決めちゃってもいいと思います!

まとめ

わたしはすべて100均ではないですが、手作りで1000円程度で作ることが出来ました。
お漏らしをしてしまった時に、防水なので下までしみることがないですし、洗濯の手間が減るので重宝しています。
保育園によっては、おむつ換えシートを用意するように言われることも多いそうなので、確認してみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です