産休中、手作りしてよかったベビー用品10選♡1年で100アイテム作ったママが必要なかったものも理由別に紹介

こんにちは!グラフィックデザイナーで女の子ママのかしこ(@minicasico)です♡

産休中の時間を利用してベビー用品を作りたいと思い、調べ始めた私。

ハンドメイドは趣味だけど、育児ははじめてなので、どんなグッズがあって、何がつくれそうか?そもそもわからないことだらけ。

“かしこ”
何作ろうかな~

そう思って調べたのですが、

実際作ってみてよかったか?とか、作ったけど使わなかったとか、まとめてあるサイトが見つかりませんでした。

産休中から1歳すぎまででざっと100アイテム以上作った私が、


☑️
実際に手作りしたベビーグッズ
☑️役に立ったかどうか
☑️これから手作りする人におすすめかどうか

↑こういう視点でまとめていきたいと思います。

作ってよかったものBEST10

 

超おすすめ!赤ちゃんのはじめてのおしゃれ、セレモニードレス

これを作りたいがためにミシンを買ったといっても過言ではないです。

“かしこ”
本当に作ってよかったです。

なぜかって、

セレモニードレスは、退院時、お宮参りなどなど、
写真を撮る機会が多いからです。

うまれたての赤ちゃんに自分でこころをこめて作ったドレスを着せるのは、本当に素敵な経験だったなーと思います。

難しいかな?って不安になる方も多いと思うのですが、(私もそうでした。)

ドレスといっても、直線縫いが多いですし、
赤ちゃんのものは、とにかく小さい笑

セレモニー用なのでそこまで丈夫さを意識して作らなくてもいいので、

はじめての方でも、スタイやガーゼハンカチなど、小さなものから始めて慣れれば大丈夫です!

何枚あっても困らない!スタイは普段のおしゃれ。

スタイは何枚あっても困らないですし、うちの場合は保育園で毎日3枚、家でも1~2枚使うので、30枚くらいあります。

いただきものを除くと、すべてハンドメイドです。
そういうとすごそうに聞こえるかもしれませんが

すごく簡単にできるので、いろんなスタイを作って行ったら、結果できてしまったという感じです笑

よだれが出る子かでない子かにもよるのですが、うちのこは1歳すぎた今でも大活躍しています。

シンプルに無地で作ったり、柄の布で作ってみたり、

お洋服にあわせていろんなスタイを持っておくと毎日のおしゃれの幅がひろがります。

手作りのいいところとしては、コーディネートや好みに合わせて作れる というのはもちろん、

よだれが多い子だったらタオル地にするとか、
キルト芯をはさんでふかふかにするとか、
スタイが好きじゃなさそうだったらニット(ジャージ)の、柔らかい素材で作ってあげるとか。

その子の特徴にあわせて作ってあげることができる のもいいところ。最初は家にあるタオルなどで練習で作ってみるといいですよ!

お食事スタイの作り方はこちら。
いろんなスタイの作り方記事も書いたら載せますね!

【おくるみ】生まれて半年間ヘビーユース!

産休に入ってまずとりかかったのがおくるみ。

1歳になった今は、おくるみとしては使っていませんが、

お昼寝のときの上掛けに、お出かけの時ベビーカーのひざかけに、まだまだ活躍中です。

おくるみをおすすめするポイントは2つあって、

まず一つ目は、 直線縫いなので初めての方でもテクニックいらずではじめやすい ところ。

二つ目は、 毎日目に触れる ものなので、お気に入りの生地だったり、手作りした思い入れがあるとますます赤ちゃんとの日々が楽しくなるからです。

生後1~2ヶ月の小さな時に、本当に毎日使います。ぜひ、お気に入りの布を選んで作ってみてくださいね。

超絶大活躍!【おむつ替えシート】

超超超超大活躍しました笑

おむつを替えるときに赤ちゃんの下にしいてつかうマットです。これはもう今は使わなくなってしまったのですが、

たっちする前まで(8、9ヶ月)くらいまでは、これがないと困るくらいでした。

離乳食を食べ始める前は、うんちがゆるゆるなので、けっこう漏れますし、たまにおむつ変えの時におしっこを出す時もあったりして笑

家でも外出先でも手放せませんでした。

使い捨てのものもあるらしいのですが、私は下が硬いところだとかわいそうだなと思ったので、

結局別の布とかをその下にひいて使うと思うので、一つのほうがいいかなと。

片面はレジャーシートを使用したので、汚れてもおしりふきで拭き取ればOK。洗濯も洗濯機でやっていました。

おすすめすぎるので、作り方などまとめた記事も書きました。

ベビーブルマ

唯一入ってきたファッションアイテム笑

ロンパースとかパンツとかいろいろ作ってみたのですが、誰にでもおすすめできるのがブルマ!とにかくブルマ!笑

結局妊娠中に作ったブルマはこれ一つだったのですが、もっと作っておけばよかったと思うくらい!(結果たくさん作りましたが・・・)

生後2ヶ月くらいからのおでかけから、
現在(1歳すぎ)までながーく使えちゃいます。

2ヶ月~は、ベビードレスの中に。

1歳は、Tシャツにあわせてボトムとして。

1歳半~2歳くらいには、ワンピースの下のおむつカバーとしてもかわいいと思います!

好きな色柄で作るのもいいですが、無地にしてペプラムにしたり、チュールをつけたり、形を工夫すると、着まわしばつぐんです。

ミトン

ミトンは新生児の時にしか使わないのですが、うちのこはお顔をかいてしまう癖があったので、ミトンは超必須でした!

こればかりはその子によるので生まれてみないとわからないのですが、

我が家の場合はいただきものミトンが二つあったのですが、ずっとはめていたので洗い替えがまにあわず、スタイなどを作ったあまり布で1つつくり、計3つ使っていました。

すごく簡単に、しかも布もほんのちょっと。

手縫いでもできるので、初心者さんにすごくおすすめです。

ちょこんとはめている姿もとってもかわいいですよ!

まくらカバー

新生児のときは、基本的に赤ちゃんはずっとねんねスタイル。寝具まわりのものが必要になるってことです。

赤ちゃんは寝ていても、自分は起きて活動をするので、まくらが2つあると便利でした。寝室に置いておく用とリビング用です。

ベビー布団のセットの中にはいっていたまくらにカバーがなかったので、ダブルガーゼ生地でちくちく手縫いしました。

これも2つ作ったのですが、カバーを洗えてすごく便利でした!

4ヶ月くらいまではねんねなので、もっと楽しみたいママは星形や王冠型にチャレンジしてみてもいいかも!

ママ巾着

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日から保育園✨✨ 慣らし保育なので2時間から💪 0歳ってあんまりグッズ的なものはいらないので レッスンバッグ🛍️的なものと、 巾着がひとつと、 あとは小分けにジップロック😆 #フランフラン のフラミンゴのジップロック、かわいいし使えすぎてやばい💓 #maisonetobjet に行ってきた先輩からいただいたやつがかわいくて大きめだったので、 レッスンバッグ🛍️にしました💕 ヒョウ柄のオックス生地とピンクのシーチングが家にいっぱいあったので、脇をスカラップにして巾着に💓 作ったのは結局巾着とタオルだけ。 これから巾着もうひとつくらい作ろうかな✂️ あとバスタオルは、ゼッケンみたいに名前つけてくださいって言われたので😂 ピンクのシーチングにでっかく名前書いたよ笑 全然おしゃれじゃないよ笑

かしこ(@minicasico)がシェアした投稿 –

妊娠中に、これからきっと荷物増えるんだろうな~って思っていくつか巾着を作ったのですが、足りないくらいです笑

赤ちゃんと外出するようになると、とにかくいろんなものが必要です。

おむつ/ミルク/着替え/おむつがえシート/汚れ物入れ/etc…

ちょっと大きくなってからも(1歳の場合)

おむつ/離乳食/のみもの/おやつ/汚れもの入れ/お食事エプロン/着替え/etc…

・・・と、しばらくはたくさんのものを持ち歩かないといけないので、小分けの袋は必須!

巾着はいくつあっても困らないかも。

おむつポーチ

娘が小さい時、外出先でのオムツ替えにかなり手こずった私。こんなのついてたらいいのにな~とか思っていた自分が欲しい要素をつめこんでオムツポーチを作りました。

“かしこ”
新幹線とか、狭い場所だとおしりふきがぶらさがってたら楽なのに!

と思うことが多かったので、ショルダーにしてみたらストレスフリーに!

ちいさい頃にたくさん予防接種や検診で病院に行くので、あまり大荷物じゃない時にもこれ一つで外出できてとってもよかったです。

おむつポーチってべつに巾着でもいいんですけど、
おしりふき一体型にしたり、立体タイプにしたり、

より使いやすくしていく過程で複雑になってきます。

なので初心者さんには少し難しいかもしれないのですが、
おむつって3歳くらいまで使うんですよね。

そう考えると、少し値が張っても使いやすくて好みのものを買ったり、
手作りしたり、オムツポーチにはこだわるママさんが多いように感じます。

おもちゃ

赤ちゃんって、最初本当に何もできないので、意外とおもちゃであそべるようになるのも、3、4ヶ月くらいになってから。

しかも、何がはまるかわからなくて、

長いものがすきそうだなーと思ったら紐で作ってみたり、音がなるもので作ってみたり、成長や興味に合わせて身の回りにあるビニールや紐、ペットボトルなどを使って作りました。

買ったおもちゃよりも気に入ったりするので、反応を見ながら作っていくのもやりがいがあっておすすめですよ。

最初のころは、にぎにぎがやっぱり定番。
ママのアイデアで、いろんな形や素材で作ってあげてくださいね。

作らなくてもよかったかな~と思うもの。

次に、作らなくてもよかった、使わなかったものをご紹介します。
いちママの意見として参考になればうれしいです。

汗取りパッド

汗取りパッドは、着替えをさせなくても背中にいれたパッドだけ交換すれば汗の処理ができるのがメリット。

こんなのあるんだ、便利そう!と思って作ってみたのですが、生まれる時期にもよるのでしょうか。

娘は6月末うまれなので、0歳の夏は新生児だし、1歳の夏はもう歩き回っています。0歳の時は全部お着替えをしてしまうのと、ねんねなので背中のパッドをかえるほうが難易度が高く、一度も使わず。

1歳になると運動量も多くなるので、上を全部着替えさせてしまった方がよくなります。

冬生まれで、夏に半年を迎える赤ちゃんだったら、おすわりができる頃なので、汗取りパッドの出番もあるのかな?と思います。

抱っこ紐ケース

かさばる抱っこ紐をウエストポーチみたいに収納できるケース。これも、便利そう!と思って作ってみたのですが、

うちの娘は半年で10kgをこえるビッグベビーだったので、そもそも抱っこ紐ではなくベビーカーのお出かけが主になってしまい、あまり使いませんでした。

抱っこ紐をたくさん使うのでしたらいいと思うのですが、出産前の時間に作らなくてもいいかもですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年でベビーアイテム100個以上作った私が選ぶ、おすすめの手作りベビーグッズtop10でした!

ベビーが生まれる前の穏やかな時間を、ぜひハンドメイドで素敵な時間をすごしてみてくださいね!

おすすめ記事

FOLLOW ME♡

とにかく娘に可愛いかっこをさせるのがいきがいの30代ママ。

作ったものとか買ったものなどインスタでpostしています。
(ママ友募集中なのでフォロー&コメントうれしいです!)

よかったら遊びに来てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です