産休中、暇な妊婦さんへ♡おすすめの過ごし方10選

こんにちは!かしこです。

毎日仕事の引き継ぎに追われて、待ちに待った産休!
でもいざ産休に入ってみると、お腹は大きくて動きづらいし体調によってはあんまりアクティブに動き回れないしどうしようかな。。と、暇を持て余したり、なんとなく毎日過ごしてしまいがち。
しかし、いろんな先輩ママに聞いてみると、子どもが生まれる前の、産前の休みがどれだけ尊いかということがわかったので、やりたいことができる絶好のチャンスなのです。
そこで、わたしが実際にやってよかったこと、こんなことしとけばよかった・・・!
という後悔も含めてご紹介したいと思います♡
子どもを産んでみてわかりましたが、生まれると、自由に一人で動き回ることができなくなります。
ねんねの赤ちゃんがいるということは、病院すら自由に行けなくなるんです。
“EMI”
妊娠中はお腹が大きかったりして動きづらいとはいえ、今考えるとめちゃめちゃ自由だったな〜と思います。
とはいえあまり無理しすぎるのも禁物です。
だからこそ、やりたいことをリストアップして、計画的に過ごすことで、後悔のない充実した産前休暇を過ごすことができますよ。

わたしが実際にやったことで、おすすめの10項目です。

1.レディースデーに映画館に行く
2.外食
3.家族会議
4.デート&夫と2人の時間を楽しむ
5.友達と会いまくる
6.自分の買い物納め
7.保育園見学
8.プレママ教室に参加する
9.赤ちゃんグッズやママグッズのハンドメイド
10.暇をとことん楽しむ
1.レディースデーに映画館に行く

出産後、映画館や劇場、美術館など静かにしなくては行けないところには、まず行けなくなります。

ワーママの先輩にもおすすめされたこともあって、地元の映画館に、友達とレディースデーに行くという、この先最もできなくなるであろうことをしました笑
これから映画館行けるようになったとしても、子どもと一緒にアニメ映画を見られるくらいでしょう。
一人め産休中の優雅な時間にしかできません!
今のうちに自分の見たい映画を、映画館でポップコーンと一緒に味わっておきましょう!
2.外食

小さい子がいると、おしゃれなレストランや狭いラーメン屋、居酒屋などには行きづらくなります。

例えば・・・

ラーメン屋→狭いし回転が早いので子連れには向かない

スタバ→狭いお店もあるので子連れもいるけどべビーカーはちょっと遠慮しちゃう

焼肉→焼いてる場合じゃなくなる

産後に外食できるのはフードコートやファミレスになりそうですね、、
産休中はカロリー制限もありますが、1日の中で、ランチが豪華なら夕飯を軽めにしたり、炭水化物を抜いたりして、うまく調整しました。
3.家族会議

産休中に気づいたのですが、産後、メンタルも繊細になりますし、子どもが泣いていれば授乳、寝かしつけ、寝ていても次の授乳間隔だったり、沐浴させたら洗濯したりとか、哺乳瓶を洗ったり消毒したり、次の病院いつだっけとか、子どものことで頭がいっぱいになります。

子どもが生まれてから絶対にできなくなるわけじゃないですが、夫と2人で落ち着いて話しをするのに、以前なら思いついたときに話し合えたのがいつでもというわけにいかなくなりました。
“EMI”
集中できないんですよね。
それに、産休中は、毎日毎日、赤ちゃんと一緒に寝て起きて、ろくに化粧も着替えもせずすごします。そこまでいかなくても、外見も内面も食べるものなども、育児に最適化された状態になります。いつもの思考回路ではなくなってしまうんですね。
やっぱり、メイクしておしゃれして、働くことに最適化された状態とは真逆になります。

そんな状態だと自分のお小遣いとかもどうでもよくなってしまうし、人によっては仕事やめたくなっちゃったりします。

産後、赤ちゃんと向きあった時の気持ちも大切にはしたいですが、やっぱり長い目で見たときにどういう自分でいたいか?

考えられる産前に、これからのことを話し合っておくことをおすすめします!
4.デート&夫と2人の時間を楽しむ

当たり前ですが、もう老後くらいまでは、二人っきりの時間を長く楽しめる時は訪れません。

外食したり、近所をお散歩したり、共通の友人と遊んだり、2人でしみじみゆっくりとしましょう!
“EMI”
個人的におすすめなのが、2人で一緒にダブルベッドで寝られなくなるので、休日の朝とか、だらだらと寝るなんていうことも超贅沢なことになるので、かみしめておくといいと思います笑
5.友達と会いまくる

会いまくりましたね~

子連れで会ってくれる友達、家に来てくれる友達、近所の友達なんかは、産後でも会いやすいです。
でも、家が遠かったり、あっちはあっちで子どもがいたりすると、会う難易度がめちゃくちゃ上がります。
わたしは産休中、地元の主婦の友達、遠くに住んでる2人育児の友達とかに会いましたね。
子育て世代は忙しいです。会えるときに会っておきましょう♡
6.自分の買い物納め

先輩ママに、『赤ちゃんの物は必要なら買わざるを得ないけど、自分の物買えなくなるから買っといた方がいいよ~』と言われました。

時間的にもそうだし、産後は子どものものをまず買いたくなりますからね。

伊勢丹友の会を利用して、産後にはけるラグジュアリースニーカーを購入しました♡
休暇中なら、普段行けない、平日の午前中の空いてる時間帯にゆっくりお買い物ができるのでおすすめです!
7.保育園見学

まだまだ先じゃんと思いがちですが、出産が7月。1、2ヶ月は外出を控えると考えると、10月の申し込みスタートまで1ヶ月しかないんですね。

産後に見学しようと考えていると、3ヶ月にならない赤ちゃんを連れて一人で歩き回らないと行けなくなってしまいます。しかも9月ってまだ暑いんですよね・・・( T_T)

結果的にわたしは安定期に入ってからすぐ半休をとって区役所に情報収集しに行きました。

今考えるとこれがよかったと思います。

よかったと思う一番の理由は、赤ちゃんを連れ回さなくてすむということ以上に、保育園側で見学OKの日程が少ないからです。

電話でそれぞれの園に日程を聞くと、今月は◯日だけとか、意外と融通がききませんでした。

わたしは、安定期から始めるってちょっと早すぎるかな〜と思いつつの行動開始だったのですが、予約の電話をしてから見学するまでに1ヶ月かかりましたから。

かなり日にちに余裕を持って予定をいれていかないと、1ヶ月しかない場合、見学の予定に全力で合わせたとしても難しかったと思います。
8.プレママ教室に参加する

よかった半分、後悔半分なのですが、育児が始まってしまうと、悠長に子育てについて学んでる余裕がなくなるし、今すぐ答えが知りたくなります。

産婦人科のプレママ教室には行けたのですが、もっと夫と二人で自治体の教室だったり、イベントに行っておけばよかったです。
教室は、受動的に知識を入れることができるので、偏らなくていいんじゃないかと思います。
困ってから検索したり調べたりすると、自分の求めている情報しか入ってこないので、偏る気がします。
これも赤ちゃん連れだと行きにくいので、なるべく参加しておきましょう!
9.赤ちゃんグッズやママグッズのハンドメイド

もともと手芸が好きだったし、保育園の見学をしてみて、結構手作りしなきゃいけないものがあるということを知ったので、里帰りしてからミシンをGETしました!

“EMI”
お腹に赤ちゃんがいるときに、その子のことを思いながら赤ちゃんグッズを作るなんて贅沢〜♪

と思ったので始めたのですが、赤ちゃんのものって小さいので、1日数個のペースでできてしまって、楽しくてしょうがなかったです笑

・べビードレス
・おくるみ
・スタイ
・ブルマ
・オムツ変えマット
・抱っこ紐ケース
・抱っこ紐カバー
・授乳ケープ
・ミトン

気づいたらこんなに作っていました!

手先が器用な人はもちろん、不器用な人でも、赤ちゃんのものってあっという間にできてしまうのでおすすめですよ!
早産、前置胎盤だったり、マイナートラブルがある人も、家でじっとしていると塞ぎがちなので、気分転換になると思います。
材料も全部楽天で揃う時代なので外出の必要もないですし。

ミシンは必要か問題にぶち当たったのですが、ヤマダ電機に行ってその問題は解消されました。

今ってミシン激安なんですよ。

1万5千円でブラザーの可愛い、しかもいろんなステッチができる賢い子をゲットすることができました。

10.暇をとことん楽しむ

出産は、大変です。その後も子どもはノンストップで大きくなるので、息つく暇もなくなります。

しかもそんな中でも自分のこともやらなくてはいけないですからね。
わたしはまだ2人目は考え中ですが、一人目の産休が人生でもっとも優雅な時間であることは間違いないです笑

やりたいことも、やらなくちゃいけないことも山積みですが、家の周りを散歩したり、お腹に話しかけたり、平日の昼間にエアコンかけて寝っ転がってワイドショー見たり、ゲームしたり、DVD見たり、暇を思いっきり楽しんでおくのも大切ですよ!

最後に

産休中のオススメの過ごし方10選♡

1.レディースデーに映画館に行く
2.外食
3.家族会議
4.デート&夫と2人の時間を楽しむ
5.友達と会いまくる
6.自分の買い物納め
7.保育園見学
8.プレママ教室に参加する
9.赤ちゃんグッズやママグッズのハンドメイド
10.暇をとことん楽しむ
いかがでしたでしょうか。

人間、すぎて見ないとありがたみに気づけない生き物です。子どもが生まれたら別人になると思って、今のうち!と思ってやりたいようにやったほうがいいです。

“EMI”
でも、身体にはお気をつけて。素敵な産休になりますように!
[/voice]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です